カテゴリ:
そろそろ梅雨の時期のようですね。みなさん梅雨対策はされていますか?

さて、そんな梅雨模様突入の前に何とか外でテニスをすることができました。錦織圭使用ラケットWilson k tour 95(kツアー95)。

試打レポートの前に、あまりにもテニスブランクがあり過ぎたので、正直レポートになっておりません(汗)だから、レポートというよりは感想文程度でお願いします。

まず、Wilson k tour 95(kツアー95)のデザイン。n tourを引き継いでいるので、オレンジがメイン。そこに、白と黒を織り交ぜてある感じ(すいません、手元にないのでウロ覚え)、1年半前まで使っていたのがヘッドのフレックスポイントラジカルツアーなので、同じオレンジがメインなので違和感ないというか、好きなデザイン。

Wilson k tour 95(kツアー95)をぱっと持った感じは軽く感じたのですが、友人が「ん?トップヘビー?」となぜか言ったのが気になります、トップライトのバランスウェイトのはずなので、ラケット自体が若干軽いので、少しバランスの感覚が違うように感じることがるのかも?

試打レポートはストロークのみです。Wilson(ウィルソン) k tour 95(kツアー95

長所 288gということもあり、個人的には振り抜きが良く感じました。自分からラケットをガンガン振っていける人は、トップライトのウェイトバランスもありスイングスピードが上がって、より力強いボールが打てると思います。スピンも良くかかります。

スライスもきれいに伸びたボールがいってました。

打球感はショップの人曰く、ガットの個性が素直に出るラケットらしいです。Wilson k tour 95(kツアー95)のほうがn tourよりも硬くなった(Kシリーズ全般かもしれませんが)とも聞きましたが、ちょうど良い硬さ加減。柔らかい打球感のガットを張れば、たぶんお好みの打球感になるでしょう。1番びっくりしたのが、打ってて打球感に違和感がなかったこと。だいたい違うラケット使うと、何か感覚違うと思うことが多い(マイラケットがベスト)のですが、それがなかったので、自分好みなのか万人向けなのかわからないけども、とにかく心地良かったです。


短所 若干最近流行の300gに比べると軽いので振り回し過ぎる可能性があります。自分がしっかりとラケットを振れない時や相手のボールに押されそうな時に、トップライトのバランスと288gの重さにより打ち負けやすい(フレックスポイントラジカルツアーは330g実重量だったので、厳しい時にラケットパワーが助けてくれました)。重さに関してはWilson(ウィルソン)がエナン・錦織圭使用モデルで販売しているのでまあ問題はないでしょう。

ここからは、完全に僕の印象。Wilsonのラケットを試打したのが、n pro open 、n tourと三本目なのですが、どれも飛びが軽い。打った時の手ごたえが軽い。音で例えると(実際は違いますからね)ポンとボン!、パンとバン!ちょっと大袈裟ですけどね。

それでいてボールはちゃんと力強いボールが行きます。これは完全にラケットの性能の凄さでしょうね。ピュアドライブの初期モデルも同じ感覚でそれが嫌でした。

とまあ以上こんな感じでした的なWilson k tour 95(Kツアー95)試打レポートでした。あまり具体的名意見じゃなくてすいません。頑張ってテニスやります。


現在完全に腕が筋肉痛です、あぁ・・・素振りから鍛え直します錦織圭(テニス)選手応援ブログ[世界を目指す錦織圭]@管理人まろんでした。